2011年12月10日土曜日

DV被害者支援サポーター養成講座 その1

岐阜県主催、運営あゆみだした女性の会の3回連続講座の、2コマが終わりました。
大勢のみなさんに参加していただきました。
引き続き、3コマ目を明日の午前中に開催します。



2011年12月7日水曜日

池田町にて研修

今日は池田町役場にて、民生委員・児童委員さんに向けて、DVに関する研修をしてきました。


皆さんお昼ごはん直後の一番眠くなりそうなときに、メモを取りながら熱心に聞いてくださいました。
ありがとうございました。

児童虐待が深刻化する中、DVと関連するケースも多いのが現状です。
その中で、民生委員さんや児童委員さんの役割は重要となっています。
私達、支援団体も地域の方々と連携を取り活動していく体制を、構築しなければいけないと実感をしています。

2011年12月4日日曜日

12月2日タッピングタッチ基礎講座、開催しました。

瑞穂市総合センターにて、タッピングタッチ協会の中川祥子さんをお招きし、タッピングタッチ基礎講座を開催しました。

実際にタッピングタッチを体験してみると、ほんわかしたというか、ぽよよ~~んとした気持ちになります。

相手にする立場になると、想像するより難しく感じました。
自分の感情が伝わってしまいますし、力加減やリズムなど・・・・。

介護、医療、心理、子育て、などなど様々な場面で使えます。
大変、好評でしたので、次回企画検討中です。

途中、パソコンの不具合でご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。
(事前にチェックしたんですが(-_-;))

タッピングタッチ、支援の中でも活用していきたいです。



2011年11月30日水曜日

岐阜県立海津明誠高校

岐阜県立海津明誠高校でデートDV防止教育プログラムを実施していきました。

ロールプレイを生徒さんに参加してもらい、「力と支配」「相手を尊重する」「自分の気持ちを伝える」などの会話を体験してもらいました。

感想インタビューにも、自分の意見を答えてくださいました。

やはり高校での防止教育は必要ですし、教員や保護者の方にも他人事ではなく身近な問題としてぜひ講座を開催してほしいと思います。


2011年11月25日金曜日

読書カフェ

11/24(木)18:00~第6回読書カフェぎふinハートフルスクエアG 課題本『モモタロー・ノー・リターン&サルカニ・バイオレンス』


20分で「男女共同参画」「DVの定義」についてお話しさせていただいたあと、ワールドカフェを開催。
20分でこの二つを話すのはしんどいですね(>_<)



今回、テーブルにつかせていただいて、みなさんの本音の声が聞けて良かったです。





最後の輪になってのシェアリングで、ご自身の言葉でお話しいただけたことが、心に響きました。
また、男女共同参画ものでワールドカフェやりたいです!!

2011年11月22日火曜日

男女共同参画推進サポーター連絡会議

今日は男女共同参画推進サポーター連絡会議に参加してきました。

男女共同参画って、言葉だけが先走りしてなかなか浸透しません。

確かにピンと来ない言葉ですね。

男女が役割に縛られることなく、誰もが自分らしく生きられる社会が大切です。


2011年11月20日日曜日

人権と同和を考える会

今日は羽島市教育委員会、羽島市人権擁護委員会主催の「人権と同和を考える会」で基調講演をさせていただきました。

会場の羽島市文化センター。(通りかかったミナモちゃん写ってます。)

控え室の窓から虹が見えました。

テーマは「DVって何?~女性の人権を考える~」です。
DVに定義、被害者の心理、DVが子どもに与える影響、加害者の考え方、サポートのポイントな度の内容でお話をさせていただきました。
皆さん大変熱心に聞いてもらえるのを実感すると、こちらもうれしくて気持ちが上がってついつい早口になってしまいす。
参加者の皆様、申し訳ないです。



今日はありがとうございました。


2011年11月17日木曜日

岐阜地域ドメステックバイオレンス防止協議会

岐阜地域ドメステックバイオレンス防止協議会に出席してきました。
岐阜振興局管内の市、警察、教育委員会、施設、医師会、岐阜地方裁判所、民間団体などが参加し開催されています。
各機関がうまくつながると良い支援ができるのでしょうね。
つながりを作る事が大事ですね。



岐阜県女性相談センターの23年度9月末までの相談件数は1,181件で、昨年の同時期より338件で22.9%増えているそうです。
(*1,181件のうち、DVの相談は429件、昨年同時期より64件増えている。)

「助けて」と言える環境が大切です。

2011年11月16日水曜日

女性に対する暴力をなくす運動

11月15日、JR岐阜駅で行われた「女性に対する暴力をなく運動」に参加しリーフレットや啓発グッズを配布しました。
岐阜県女性相談センターをはじめとした様々な関係機関や、民間からもあゆみだした女性の会からは2名が参加、いつもご支援いただいている国際ソロプチミスト岐阜・長良の皆さんも参加しておられました。



2011年11月14日月曜日

岐阜大学に伺いました。

11月13日日曜日に、岐阜大学ピアカウンセリング同好会ね皆さんに、デートDVについてお話してきました。
この同好会では、高校生を対象に活動をされているそうで、その活動に役立てたいととても熱心に聞いてくださいました。
質問もたくさん出ました。
あゆみだした女性の会も、応援したいなと思います。

2011年11月9日水曜日

DV被害者支援サポーター養成講座

~DVを知ろう!学ぼう!私たちにできること~
DV被害者支援サポーター養成講座

主催:岐阜県
実施団体:あゆみだした女性の会
...
夫婦や恋愛関係など親密な関係に起きる暴力行為「ドメステック・バイオレンス」(DV)は、「個人の問題」「家庭内の問題」と見過ごされがちですが、犯罪行為をも含む人権侵害であり、当事者はもとより子どもにも影響を与える重大な社会問題です。DVをなくすには私たちが正しい認識を持ち、被害を受けている人が「声を上げやすい社会」づくりが必要です。
今回「DV」に関する知識を学び、当事者支援に役立てる講座を開催いたします。一人でも多くの方が講座に参加され、よき理解者・支援者になってほしいと願っています。

日 時/平成23年12月10日(土)10:00~15:00
11日(日)10:00~12:00

会 場/ふれあい福寿会館(県民ふれあい会館)会議室405号室
会議室405号室 岐阜市薮田南5-14-53

定 員/30人(先着)  受講料/無料

********************************
=講座内容=
12月10日(土)10:00~12:00
◆DVを学ぶ~基礎知識~
講師 あゆみだした女性の会 廣瀬 直美
・意識チェックをしてみよう!
・DVの定義と実態
・被害者心理
・なぜ加害者は暴力を振うのか?
・DVが子どもに与える影響
・支援のポイント

◆12月10日(土)13:00~15:00
DVを学ぶ~支援に必要なこと~
・DV防止法と必要な法的知識
講師 あゆみだした女性の会・弁護士 森川 幸江
・より良い支援をするために 
~支援の取り組みと、連携~
講師 岐阜県女性相談センター所長 堀 秀子氏
講師 あゆみだした女性の会 廣瀬 直美

◆12月11日(日)10:00~12:00
ケースワーク(ワークショップ形式)
講師 あゆみだした女性の会 藤野 育代、廣瀬直美
・ある夫婦の会話~ロールプレイ~
どこがDVなのか?被害者の気持ちは?話し合ってみよう
・実際の事例を検討し、私たちのできることや課題を考える。

********************************
申込方法
Eメール、電話でお申し込みください。
(Eメールの場合、講座名・氏名・住所・電話番号を明記してください。) 
*申し込み締め切り 12月5日
*定員になり次第募集を締め切らせていただきます。

申込・お問い合わせ先
あゆみだした女性の会
Eメール/heartplanning22@gmail.com  
電話番号/080-1613-1515
HP http://stop-dv.blogspot.com/
Facebook https://www.facebook.com/ayumidashitajyoseinokai
 Fasebookイベントページ http://www.facebook.com/event.php?eid=237817492946154#!/event.php?eid=237817492946154
【交通機関】
●JR岐阜駅(北口)より岐阜バス「ふれあい福寿会館行
」で約20分、名鉄岐阜駅より岐阜バス「ふれあい福寿会館行」で約25分
●JR西岐阜駅(南口)より「西ぎふ・くるくるバス」で約12分
【託児】
各自お申し込みください。 
ふれあい福寿会館内「チコチカ」
TEL058-277-1180 begin_of_the_skype_highlighting 058-277-1180 end_of_the_skype_highlighting 10:00~15:00 有料 

  

2011年11月1日火曜日

『モモタロー・ノー・リターン&サルカニ・バイオレンス』

イベントのお知らせです。

11/24第6回読書カフェぎふinハートフルスクエアG
『モモタロー・ノー・リターン&サルカニ・バイオレンス』


第6回読書カフェぎふ課題本は
課題図書:
『モモタロー・ノー・リターン&サルカニ・バイオレンス』。

読書カフェぎふは
... 「課題本を読んでくること」と、
「お互いの意見に耳を傾けるオープンな気持ち」
これだけが参加条件です。

今回はDV被害者支援のあゆみだした女性の会代表の廣瀬直美さんを
ゲストにお招きします。
30分ほど、家族や親しい関係の中に起きる可能性のある
さまざまな問題についてお話を頂いた後、
課題本を中心に皆さんと読書カフェをしていきたいと
考えています。

参加される方は課題本を読了し持参してお越しくださいね。
みなさんとの対話の中でどんな、学びが深められるか楽しみです。

***************************
《第6回読書カフェぎふ》
【日時】平成23年11月24日(木)18:00から20:30
※参加は、事前申込み限定とさせて頂きます。
※なお、ゆったりした会ですので、途中入場・途中退場自由です。
※アンケートにお応えしていただく時間も含みます。
※お手伝いしても良いよ!という方18:00から準備していますのでよろしくお願いします。
【参加費】1,000円(学生500円:ドリンク付き・マイボトル持参OK・あめ玉付き。他文具消耗費含)
【定 員】20名
【場所】ハートフルスクエアG(岐阜駅直結)研修室30
http://www.ip.mirai.ne.jp/~heartful/
交通アクセス:http://www.ip.mirai.ne.jp/~heartful/
駐車場は近隣のパーキングをお使い下さい。
【課題本】
『モモタロー・ノー・リターン&サルカニ・バイオレンス』
ご希望の方は定価税抜1000円でお分けしますので青木までメッセージ下さい。
アマゾンでも購入することができます。
【申し込み】facebookイベントページにて
【主催】ワールド・カフェぎふ
【連絡先】森:090-1747-1245 青木:050-5821-3018

2011年10月27日木曜日

虐待と緊急性

虐待・DVの緊急性とは何を基準とするのかは難しい。

虐待を受けている人が、どこまで自分に起きていることを認識し正確に伝えれるのかと思うとその判断は心配なものになる。

特に子どもは、情報の取得するすべもなく、親をかばい、自分が悪いと思ってる。

だから、外からわかる身体的なものだけでの判断は難しいと思っている。



2011年10月23日日曜日

連日・・・

中2暴行死、継続的に虐待か 中学校が児童相談所に相談
名古屋市名東区の市営住宅で22日、中学2年の服部昌己(まさき)君(14)が母親の交際相手に暴行されて死亡した事件で、昌己君が継続的に虐待を受けていたことを、中学校が児童相談所に再三相談していた。児童相談所は記者会見し、「対応が不十分だった」と謝罪した。

愛知県警によると、傷害容疑で逮捕されたのは同市守山区天子田2丁目、会社員酒井秀志(ひでし)容疑者(37)。昌己君の母の友己(ゆき)さん(38)と交際していた。

市中央児童相談所には、昌己君が9月まで通っていた中学校から6月8、14日、7月11日の3回、通報があった。児童福祉司に酒井容疑者はしつけを理由に殴ったことを認めた。

関係者によると、短期間に通報が続いたことから、昌己君を酒井容疑者から引き離す「一時保護」を求める意見も出た。ただ、酒井容疑者が家庭訪問に素直に応じていることや、反省していることを理由に一時保護を見送ったという。

会見した相談所の担当者は「在宅指導が功を奏していると思っていたが、こういう結果になり、不十分だった」と話した。


2011年10月21日金曜日

児童虐待

<乳児放置>へその緒ついた女の子 千葉のコンビニトイレに
毎日新聞 10月21日(金)11時22分配信

20日午後11時ごろ、千葉市若葉区千城台北1のコンビニエンスストア「ローソン千葉千城台北店」のトイレで、ごみ箱の中にポリ袋にくるまれた乳児が入っているのを買い物客の女性(66)が発見し、店長を通じて110番した。乳児は女の子で、病院に搬送されたが、健康状態に問題はないという。千葉県警千葉東署は保護責任者遺棄事件として捜査している。

同署によると、ポリ袋は上部がしばられた状態だったが、女性客が泣き声に気付いたという。乳児は裸でへその緒がついており、便座や床などに血痕があったことから、トイレ内で出産した可能性が高いとみられる。【斎川瞳】

岐阜

2011年10月19日水曜日

児童虐待

児童虐待事件です。

小5長男に物乞いさせる=容疑の33歳父逮捕―大阪府警

小学5年の長男(11)に物乞いさせ、200円を受け取らせたとして、大阪府警吹田署は18日、児童福祉法違反容疑で、大阪府池田市、建設作業員の父親(33)を逮捕した。調べに「子供が勝手にやった」と容疑を否認しているという。

逮捕容疑は9月12日夜、同府吹田市豊津町の大阪市営地下鉄御堂筋線江坂駅前で、長男に「財布を落としました。100円でもいいので貸してもらえないですか」と物乞いをさせ、通行人の女性(31)から200円を受け取らせた疑い。

同署によると、長男は「父親から『財布を落としたと言えば、知らない人からでもお金がもらえる』と言われ、5、6回で2000円ぐらい受け取った。お金は全部父親に渡した」と話している。

2011年10月17日月曜日

職場で

先日、ある会社に訪問をしました。
そこの所長さんが応接に案内をしてくれ、
「○○さん、お客さんにお茶出して!」
○○さんはとても忙しそうです。
手の空いている男性社員が数人います。
そんな様子を見て、所長さんはこう言いました。
「女の子がお茶入れた方が美味しいからね。」

おいおい、その根拠はどこから???

2011年のこの時代に、まだそんなことおっしゃる。

未だに、お茶汲みは女性の仕事。
手の空いている人が、男女関係なくすればいいこと。
お茶を心を込めて入れてくれれば、おいしいはず。

ベタな話かもしれませんが、それが現実です。

2011年10月12日水曜日

タッピング・タッチ基礎講座のご案内

「人と人とのつながり」の大切さを再認識することが多くなってきていませんか?
「何か私にできることをやってみたい。」と思っていませんか?
お互いにケアしあい、ふれあい、語りあいえる時間がもて、誰でも簡単にできるタッピング・グタッチの基礎講座を開催いたします。

タッピング・タッチとは、指先で左右交互に優しくたたくことを基本とした誰でもできるシンプルな心とからだのケアの技法です。
育児や仕事、傷病などで緊張や疲労を感じている方、福祉、医療、看護、教育、心理などに携わる方にお勧めです。
... 友人や家族などの身近な人へプレゼントとしても活用できます。どなたでも受講できますので、ぜひお気軽にご参加ください。

日 時:12月3日13:30~15:30
内 容:基礎講座(基本型とセルフタッピングなど)
受講料:3,000円
定  員:20 人

【申込方法】
電話またはメールにてお申し込みの上、受講料をお振込みください。
電話/080-1613-1515
Email/heartplanning22@gmail.com
振込先 ゆうちょ銀行 振替口座記号番号 00890-5-85889
名義人 あゆみだした女性の会

【お問い合わせ先】あゆみだした女性の会 080-1613-1515 (担当 廣瀬)

【講師】中川祥子(よしこ)氏
タッピング・タッチ協会 副代表、ホリスティック心理教育研究所 カウンセラー
2001年に夫と「ホリスティック心理教育研究所」を開設、2011年「タッピング・タッチ協会」を設立し、こころと体をほぐし関係性をよくする「タッピング・タッチ」の普及、研究、被災者支援。

【会場へのアクセス】
自動車
国道 21 号線穂積中原交差点を北へ約 500M
最寄の駅
JR 東海 穂積駅より徒歩 10 分

◆今後の予定◆
今後インストラクター初級講座、中級講座、上級講座の企画をしていく予定です。
インストラクター上級講座までの過程をすべて終了し、認定試験に合格するとタッピング・タッチ公認インストラクターになることができます。



2011年9月20日火曜日

ことはじめ

新たに、ホームページを作成しました。
DVに関する情報や講座・イベントなどのお知らせをしていいきます。

本のご紹介です。

「モモタロー・ノー・リターンズ&サルカニ・バイオレンス
~昔むかし、ジェンダーがありましたとさ・・・・~」
奥山和弘:著

男と女の在り方に「正しい」と言えるものがあるのでしょうか・・・・
と問いかける本です。

サルカニ・バイオレンス
しきたり雀(舌切り雀)
など、7作品が載っています。
ぜひぜひ、読んでみてください。