デートDV防止教育


◆デートDVって?
DVは大人だけの問題ではありません。若者の間でも起きています。デート相手にするので「デートDV」と呼びます。2006年内閣府が発表した調査でも、10歳代から20歳代の時、交際相手から「身体的暴力」「心理的攻撃」「性的強要」のいずれかをされた事がある女性は7人に1人の割合です。現在20代の女性に限ってみると4人か5人に1人の割合に増えます。です。「デートDV」は身近な問題と言えます。


◆デートDV防止教育講座
学校現場では「デートDV」を見聞きすることが多く、教職員たちが対応に苦慮しているという声が聞かれます。DVへの対応は難しく、DVについて深く理解していることが必要です。アウェア認定デートDV防止プログラムファシリテーターが中学校や高等学校、大学や短期大学、専門学校に直接お伺いして、プログラムを提供します。学級単位で例えば50分をひとコマとして数回実施することが理想ですが、学校や学年単位で、90分から120分で行なうことも可能です。規模や内容、時間、講師料などはご相談に応じます。


デートDV防止プログラムの内容(例)                              
1.「デートDVってなに?                     
 ☆DVは犯罪、そして人権侵害
☆自分の意識をチェックしてみよう
2.DVは「力と支配」
 ☆なぜ暴力をふるうのか
  ‥‥力で支配しようとするのがDV
☆ロールプレイ「俺と部活とどっちが大事なんだよ!」
 グループワーク
3.デートDVをなくすために、気づくこと学ぶこと
  [気づくこと]-“unlearn”学び落とす
   「支配と力」[暴力容認]「ジェンダーバイアス」
  [学ぶこと]-“learn
   「自分らしさは自分で選ぼう」「尊重」「共感」
   「自己決定権」「怒りを態度・行動で表さない」
4.DVD教材
「ヒロとアヤ」
5.終わりに
 ☆友達へのサポートについて
 ☆DV行動チェックリスト

◆教職員・保護者の皆様方への研修・講演
デートDV防止プログラムの他に、教職員や保護者の皆様方に次のようなテーマで研修会・講演会も実施いたします。
☆デートDV防止教育が今なぜ必要か?
☆子どもたちのデートで今何が起きているか?
☆デートDV当事者・加害者への対応について
☆家庭の中の暴力~子どもへの影響~  他
規模や内容、時間、講師料などはご相談に応じます。

0 件のコメント:

コメントを投稿